焼酎・日本酒など日本が誇るお酒の種類についてまとめ

ワインが大好きな人とはいえ、さまざまなお酒を飲まれる方が多いと思います。
今、日本ワインにも注目が集まっていますが、日本にはもともと素晴らしいお酒が沢山あるのです。

ここでは、日本が誇る素晴らしいお酒のあれこれを紹介していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

日本が誇るお酒の種類

日本はお酒文化が発達している先進的な国のひとつです。
医療用ではなく、祭りの時に振る舞われたり、めでたい時をより華やかな彩るために愛されて来た、文化としても重要なカテゴリです。
ここでは、日本が誇るお酒について紹介していきます。

日本酒

日本酒を知らないお酒好きはいないと思いますが、簡単に説明しましょう。
日本酒は、その名前の通り日本で造られている酒であり、国酒です。

原料は米と米こうじが使用されており、作り方によっては醸造用アルコールなども使用されます。
日本酒には純米大吟醸や純米酒、本醸造や普通酒など、その種類は多岐にわたります。

また、火入れという作業をすることが多く、劣化を防ぐためにこういった技法が取り入れられています。

一方、火入れをしていないタイプは生酒となり、複雑かつフレッシュな味わいの酒ができあがります。
近年、日本国内だけではなく世界的に人気が高まっており、年々輸出量も増加中です。
海外でも日本酒がつくられるようになるなど、近年はワールドワイドな活躍をしている酒として人気です。

焼酎

焼酎は、九州地方を中心に造られている蒸留酒です。
デンプンがあれば原料として使用することができるため、さつまいもや米、わかめ、牛乳なども原材料として使われています。

甲類と乙類に別れているのですが、前者ができるだけ純粋な味わいにするため、何度も蒸留機にかけているタイプです。
安価ながら、割材などとして使われることも多く、近年ではフレーバーをつけたタイプも見受けられるようになりました。

乙類は、原料の香りや個性をしっかりと出すタイプで一度だけの蒸留にとどめます。
こちらは本格焼酎と呼ばれるジャンルになり、蔵元の個性や原料の味わいがダイレクトに楽しめる通好みの味わいに仕上がります。

梅酒

梅酒は、焼酎に梅を漬け込んで造られていることが多いですが、梅のエキスを抽出して味つけされたりメーカーによってもその作り方は違います。

和歌山県が特に梅酒であり、さまざまなタイプの梅酒を楽しむことができて人気です。
梅酒は自分でもつくることができるので、ご家庭によっては自作の梅酒を造っている方もいるのではないでしょうか。

おすすめの日本酒


└https://satonishiki.com/i/809

ここからは、僕がおすすめする日本酒をいくつか紹介します。
ぜひ、気になった方はお酒の通販サイトなどで購入してみてくださいね。

十四代

希少価値の高い、超高級日本酒として知られている銘柄が十四代。
山形県の高木酒造が醸す酒であり、洗練されたキレイな味わいの酒です。
日本酒というとあまり高く無い、というイメージかもしれませんが十四代は違います。

「純米大吟醸 播州山田錦 1800ml」に関しては、なんと6万円を超えます。
まさにお宝日本酒といったところですね。

而今

日本酒好きであれば、必ず一度は飲んでおきたい銘柄として、而今があります。
三重県にある木屋正酒造が醸す日本酒ですが、日本酒ブームとともに爆発的な人気となり、今もっとも入手が難しい酒として知られるようになっています。

蔵元は、美しい日本の田舎の風景が楽しめる場所にあり、その雰囲気をつまみに飲めるほどです。
一度でいいので、そういった体験をしたいと思ってしまいますね。

飛露喜

繊細な味わいながら、芯のある男らしさも感じられる銘酒が飛露喜です。
廣木酒造酒造が醸す日本酒であり、その味の良さか世界にもファンが大勢いるほどの蔵元となっています。

廣木酒造酒造の飛露喜と言えば、知らぬ者はいない超人気銘柄ですが、一時期は廃業を考えた時期もあったそうです。
酒に歴史あり、という言葉がぴったりの銘酒です。

おすすめの焼酎


└http://mangakuya.biz/purchase-list/shochu/imo/288

最後に、僕がおすすめしたい焼酎を紹介します。
焼酎も面白いので試してみてください。

魔王

焼酎で魔王、と言えば酒好きの方はピンと来るでしょう。
プレミアム焼酎のひとつとして知られている魔王は、今も尚入手困難な最高峰の焼酎です。

味わいは洗練されており、名前のような荒々しさは一切無し。
ワイン好きにも飲んでほしい、最高の焼酎です。

村尾

家族経営で行われている、小さな蔵元が醸す人気の焼酎が村尾です。
昔ながらのカメ仕込みを採用しており、まろやかで香りの良い芋焼酎です。
生産本数が極端に少なく、手に入れられた方は本当に幸運と言わざるを得ませんね。

赤霧島

焼酎業界を牽引している霧島酒造の定番焼酎が、赤霧島。
今、コンビニエンスストアでも購入できますが、その味わいの良さで大人気です。
毎日飲める気軽な焼酎ですので、ぜひ一度手に入れてみてください。