全国どこからでも売れる!お酒買取業者の宅配買取の流れ

どうしても忙しい時には、僕はお酒の宅配買取を利用しています。
お酒買取業者の多くが宅配買取というサービスを展開しており、時間がない時でもサクっとお酒を売って現金化できるので便利です。

ここでは、お酒買取における宅配買取について紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

ほとんどのお酒買取業者で行っている「宅配買取」

昔、お酒の買取というと専門業者に持ち込むとか業者向けといったイメージがあったかもしれません。
しかし今、ほとんどの買取業者が宅配買取を行っており、全国のさまざまなところからお酒が送られてくる状態となっています。

店頭買取や出張買取とは違い、買取依頼主が好きなお酒が買取業者にお酒を送るだけなので、双方どこにも出向く必要があります。

また、離島などに住まわれている方も利用できますし、買取業者にとっても、県外のお宝銘柄が眠っている方からの連絡がある可能性もあります。
双方にメリットが多いことから、お酒の宅配買取が主流となってきているのです。

宅配買取の方法・流れ

宅配買取の流れですが、多くは公式ホームページに宅配買取を依頼する申込フォームがあるので、そちらに情報を入力していくだけで申込できます。
また、ウェブでの申込ではなく電話やファックスでも受け付けている業者もあるので、確認してみましょう。

業者によっては宅配キットも配布している

申込を行ったら、買取業者から連絡が来て手順を説明してくれます。
基本的に宅配買取は、業者が無料で梱包材を依頼主のところに送ってくれて、それにお酒と必須書類を同封して送り返すパターンが多いようです。

自ら梱包材を用意して送付する場合でも、送料は買取業者が負担することがほとんですので安心しましょう。
後者の場合、買取価格を上乗せしてくれるサービスを展開している業者もありますので確認してみてください。

買取業者に商品が届いたら査定が始まり、結果がメールや電話で報告されます。
その結果に満足できたら、依頼主指定の口座に即時に買取金額が振り込まれます。
キャンセルも可能ですが、業者によっては返送料は依頼主負担となることがあるので、確認しておくことが重要です。

宅配買取をおすすめするケース

宅配買取はとても便利です。
ここでは、お酒買取時に宅配買取をおすすめしたいケースを紹介します。

自宅にいながら買取してもらいたい場合

出張買取同様に、「店鋪に自ら足を運ばなくても買取してもらいたい」という方に向いているのが宅配買取です。
店頭買取は即日現金化できるのですが、そこまでわざわざお酒を持ち込まなければいけませんし、キャンセルする可能性もあります。

また、そこまで大量でなくても3本以上査定してもらいた場合は荷物になります。
僕のように、忙しい時期でありながらお酒を売りたい方にも向いているでしょう。

宅配買取の強み
自宅にいながら、お酒を査定してもらえるところ

出張買取の対象外地域・店舗がない地域に住んでいる場合

出張買取も自宅で買取が可能ですが、離島や僻地、地元では無い場合は対象外地域とされてしまうことがよくあります。

その買取業者でどうしても買取査定してもらいたい、という場合は諦めきれないはずです。
そんな時、宅配買取はとても便利です。
どんな場所であっても、お酒が買取業者に届けば良いため、住んでいる場所はどこでも構わないのです。

同時に、そういった方は買取してもらいたい業者の実店鋪がとても遠いということもあり得ます。
離島でなくても、片道数時間かかる方もいるでしょう。
宅配買取であれば、店鋪との距離を気にせずに利用できるので便利なのです。

宅配買取をおすすめできないケース

宅配買取はとても便利ですが、あまりおすすめできないケースもあるので注意が必要です。
ここでは、宅配買取をおすすめできないケースについて紹介していきましょう。

本数が多く梱包が面倒な場合

送れば送った分確かに査定してくれるが宅配買取の魅力です。
しかし、数十本しっかりと梱包するとなるとかなりの労力がかかりますし、面倒という方がほとんどだと思います。

5本程度であれば良いのですが、数十本以上のお酒を梱包するのはとても大変です。
そんな方は思い切って出張買取を選んでしまった方が良いでしょう。

対面での査定を希望する場合

宅配買取の難しいところは、リアルタイムで誰がどんな風に査定しているのかが見えないところです。
信頼できるお酒買取業者であれば、しっかりと専門の鑑定士が査定してくれていますが、不安な方もいるでしょう。

「目の前でしっかりと査定してほしい」
そんな思いがある方は、宅配買取は少し向いていないかもしれません。