【お酒買取】その場で即現金化が嬉しい♪店頭買取の流れ

お酒を買取してもらう際、依頼したら直ぐに現金が欲しい、という方もいるでしょう。
僕も即日で買取してもらった現金が欲しい時もありますし、何かには少しお金に困っている方もいるかもしれません。

そんな時、便利に利用できるのが店頭買取です。
ここでは、店頭買取の魅力について紹介します。

店頭買取はその場で査定・即現金化できるのが強み

店頭買取とは、お酒買取業者に直接売りたいお酒を持ち込むことを指す買取方法です。
とはいえ、店鋪を持っていない業者の本社にお酒を持ち込んでも対応してくれないので、あくまで「実店鋪」を持っているお酒買取業者に持ち込んで査定してもらう、ということを忘れないでください。

店頭買取の強み
その場ですぐに査定してもらえること、そしてその査定結果に満足できれば即現金化してくれるというところ

お酒買取業者の近くに用があるとか、「どうしてもすぐに現金化したい」という方は店頭買取を選ぶと良いでしょう。

店頭買取をおすすめするケース

店頭買取をする場合、どんなシチュエーションが向いているのでしょうか。
ここからは、店頭買取をおすすめするケースについて紹介していきます。

買取に出すお酒が少ない時

店頭買取ということは、自分で店鋪にお酒を持ち運ばなければいけません。
そのため、数十本を持って店鋪にいくというのは非現実的でしょう。

重たくて疲れるのはもちろん、何らかのトラブルでお酒を割ってしまうということもあり得ます。
また、超高級ワインなどを売りたい時は1本で大切に持ち込みたいですよね。
店頭買取は、買取に出すお酒が少ない時に利用してほしい買取方法です。

1本、2本程度であればすぐにその場で査定して現金化してもらうことも可能ですよ。

対面取引でないと安心できない時

自分が大切にしていたお酒だからこそ、「ちゃんと目の前で鑑定士が査定してくれるところを確認したい」という方もいるでしょう。
かなり安価なお酒を数十本まとめて買取するわけではなく、高級ワインを査定してもらいたいのであれば尚更です。

そんな方は、鑑定士が目の前で査定をしてくれる店頭買取がおすすめです。
店頭買取であれば、自分の持ち込んだお酒を目の前で査定してくれるのはもちえろん、雑談からその価格の理由も聞くことができます。

誰がどんな査定をしているのか、その目でしっかりと見届けないと不安だという方は店頭買取を利用してみましょう。

店頭買取をおすすめできないケース

店頭買取について、とても便利な買取方法ということはお分かりいただけたと思います。
しかし、店頭買取をおすすめできないケースもいくつかあるので注意です。

大量のお酒を売りたい時

前述した内容と逆で、大量にお酒を買取したい場合は店頭買取は明らかに不利と言えます。
まず、何本も持ち込むと相当な重量になりますし、かなり面倒ですよね。

車で運べばどうにかなるという方もいるでしょう。
しかし駐車場から店鋪が遠かったり、あまりの数の多さに結果的に総計算が翌日過ぎになることもあります。

店頭買取と言っても、お客は自分だけではありませんし、鑑定士もほかの業務を抱えています。
即日現金が良いのに結果的に数日かかってしまっては意味がありません。
大量にワインやお酒を買取したい方は店頭買取は考え直した方が良いかもしれません。

売りたい業者の店舗が近くにない時

酒買取業者とひと言で言っても、店鋪によって買取査定額が変わってきます。
鑑定士の質もそうですし、サービス内容も全く違います。
そのため、酒買取業者をじっくり選ぶ必要があるのですが、実店鋪を持っていなかったり近くに無いこともあります。

手間や交通費などがかかってしまうと、少し残念な気持ちになってしまうものです。

POINT
使いたいお店が遠方の方は、店頭買取以外の査定方法を選ぶほうが良い