同じお酒でも買取額が変わる?高く買い取ってもらうコツと減額対象

「このワインは、高く売れるかもしれない」。
ワインに限らず、高く売れそうなお酒をとある業者に買取してもらったとしましょう。

後日、全く同じお酒を買取してもらったAさんと話していると、そちらの方が高く売れたという話になりました。
同じお酒なのになぜ価格が違うのか。

ここでは、その秘密について紹介していきます。

同じお酒でも高く買取してもらうコツ

実は同じお酒でも、ちょっとしたことで買取査定額が変わることがあります。
まず、同じお酒でも高く買取してもらうコツを紹介しています。

①出来る限り早く売ろう

超レアもののワインやウイスキーだったりした場合、眠らせておいても価格が高騰することがあります。

そのため、できるだけ引っ張っておけばおくほどお酒は高く売れる、と思っている方が少なくありません。
しかし、ほとんどのお酒が市販されてから早いタイミングで売った方が高価買取になるので注意してください。

そもそも市販されているということは、それが飲み頃だから市販されているわけで、消費者は熟成目的で樽買いをしているわけではありません。

注意点
ブランド品も同じように、リリースから早い方が話題性も高く高価買取査定になる

②査定前に簡単にクリーニングしておこう

お酒の価値は当然、その中身です。
しかし、あまりにも外観が汚い場合は査定額が下がってしまうことがあるので注意してください。

「そんなの適当に拭けばキレイになるだろう」と思っている方も多いですが、「公式に売る」という場合は完全に美しい状態にまでクリーニングしなければいけません。
それを誰がやるのか、というと店鋪スタッフです。

結果的に店鋪スタッフの人件費という手間賃がかかってしまうので、買取価格が下がってしまうことがあるのです。
できるだけキレイにしておいた方が、印象も良く高価買取査定に繋がりますよ。

③沢山のお酒はまとめて売ろう

超高級な目玉アイテムがあるのであれば別ですが、一般的な銘柄が大量にある場合はまとめて売った方が高価買取査定になります。

1本ずつだと、そこまで価値が無いと少々低めの価格をつけられることがあります。
しかし、大量に売るとなるとお酒買取業者も手軽にストックを増やせるので、プラスアルファ査定額を上乗せしてくれることがあるのです。

同じ銘柄のお酒を1本より、15本まとめて売った方が高価買取になる可能性が大ですね。

減額対象になるケース

高価買取査定になるコツがあれば、減額されてしまう恐れもあります。
お酒買取において、厳格対象になるケースとはどんな場合なのか紹介していきましょう。

①ラベルが剥がれている・ボトルが欠けている

お酒買取において致命的なのが、ラベルへのダメージです。
超高級ワインでヴィンテージものであれば、ある程度汚れているのが味わいになるので別ですが、一般的な銘柄でラベルが汚いとなかなか買い手がつかず減額対象になります。

さらに、剥がれてしまっていた場合はより厳しい買取になります。
「これは、シャトー・オー・ブリオンだ」と依頼主が説明しても、その確固たる証拠が無いと判断は不可能です。

飲んでみろと言われても、開栓してしまったら一気に価値は下がります。
また、ボトルが欠けているのも問題です。

高価買取の条件
大切なのは中身なのですが、コレクターなどはボトルを飾りたいので美品であることが高価買取の条件となっている

②液面低下(中身が減っている)

コルクのワインの場合、液面が低下している場合があります。

液面低下とは?
コルクの隙間から液体が蒸発してしまっており、中身が減ってしまっている状態

ワインに賞味期限は無いのですが、液面が極端に減ってしまうほど保存環境が悪かったり、時間が経っているワインは減額対象になります。

また、そこまで蒸発しているということは、かなり酸素とワインがふれているので味わいが劣化していることも考えられます。
これらに注意した上で、お酒をお酒買取業者に持ち込むようにしましょう。